top-02
1

私たちemphealが
健康経営2040を提唱する3つの理由

reason-02

近年、将来的な労働人口の減少を見越した人的生産性の向上が企業の重要な課題となっていることから、従業員の健康増進を重視し、健康管理を経営課題として捉える企業が増加傾向にあります。

main-03
02-WHAT

健康経営の変遷

3g

1990年代にアメリカで言われはじめた『健康経営』。2000年代には、日本でも次第に様々な取り組みが行われるようになってきました。

第1世代(1G)として、データヘルスと言われる活動で、健康診断結果をベースに疾病リスクの高い患者に個別指導を健康保険組合等が中心となって行う活動が盛んにおこなわれるようになりました。いわゆるメタボ指導などがその代表格です。

第2世代(2G)としては、従業員が健康になることによって、企業の生産性が向上するというプレゼンティーズムの概念が注視されています。その後、経産省等の主導もあり健康経営に対する認定を受け、インセンティブが得られる現在の『健康経営』が広がりを見せています。

第3世代『健康経営2040』通称~emphealモデル~は、2040年の日本人の健康水準を豊かにするための提唱モデルであり、その基本的な考え方は「医療・健康リテラシーの向上」と「適切な医療への接続」という2つが取り組みの要点とした、主体的に個々人が取り組む健康経営の新しい形です。

①労働人口の高齢化

2025年4月から全企業に対して定年年齢は65歳に引き上げられることが既に義務化され、当社の試算では、2040年には労働者の49.7%のほぼ半分が50歳以上になると予想しています。

03-01

②中・高年齢期の疾病罹患率

年齢が高くなるほど、病気になるリスクは当然ながら高くなる。

通院者数の割合で示すと、45歳以降で徐々に増加ペースが上がり、50歳以降、通院者数の増加ペースが高い水準を継続するようになります。つまり、50歳以降は病気になる人がどんどん増えていくことになります。

03-02-02

③平均寿命と健康寿命とのギャップによる影響

平均寿命においても日本は世界一であり、84.2歳(2位はスイスで83.3歳)です。ただし、健康上の問題で日常生活に制限のない期間の平均を表す健康寿命は、男女ともに約10年前後短く、人生の最後10年は何らかの健康上の制約を抱えながら、もしくは介護を必要とする人生になっています。
人生最後の30年は介護が必要という人生になってしまうかもしれません。

03-03
03-HOW

「健康経営2040 ~emphealモデル~」を
実践するための提供サービス

04-01

emphealが提唱する『健康経営2040』通称~emphealモデル~を実現するため、当社がご提供するサービスは、大きく2つあります。

HOW-A

働く人の“笠井信輔さんと
一緒に学ぶ”がん教育

04-A

働く人の“医師と一緒に学ぶ”
新型コロナ教育

04-B

1つ目は「医療・健康リテラシーの向上」のための教育プログラム。『働く人の“笠井信輔さんと一緒に学ぶ”がん教育』や新型コロナ教育などの企業向けの医療・健康教育を展開いたします。

HOW-B

働く人の
花粉症チャレンジ

04-C

M3PSP
(ベストドクターセレクション)

04-D

2つ目が「適切な医療への接続」を実現する手段。『働く人の花粉症チャレンジ』といった個別の疾病ごとにフォローするプログラムや『M3Patient Support Program(M3PSP)』という総合的な医療相談・支援サービスを提供いたします。

当社は、これらのサービスを活かして、企業ごとのニーズを捉え、各企業で地に足のついた健康経営が実践できるよう、健康経営のカスタマーサクセスをご支援して参ります。

04-WHO
d9214-1030-921348-9_rs

フリーアナウンサー笠井信輔氏がemphealのアンバサダーに就任

ご自身のがん闘病から完全寛解に至った『がんサバイバー』としての経験を通して、多くの方の役に立てたいという強い思いを持つ笠井氏が、健康事業に取り組む私たちemphealの経営理念や事業内容に共感いただき、この度、empheal アンバサダーに就任。今後、当社が開催するセミナーや医療・健康教育研修など、様々な活動に参画いただきます。

【プロフィール】
1963年生まれ。東京都出身。早稲田大学商学部卒業後、1987年フジテレビに入社し、情報番組のアナウンサーとして長年活躍。2019年10月、フリーアナウンサーに転身。その2か月後にがんが発覚。「びまん性大細胞型B 細胞リンパ腫」であることを公表。家族はテレビ局勤務の妻と3人の息子。4か月半入院して抗がん剤治療を経験する。

button-A-03
button-C
button-B-02
運営会社
個人情報保護方針